【謹賀新年】2021年”風”の時代は『リテラシー』を身につけるのが大吉

あけましておめでとうございます

2020年、皆さま大変お疲れ様でした!

大変な年でしたね。世界中の人が頑張りましたね。

年末は、ご相談者様と最後の詰め作業をしておりました。

「来年は良い年にしましょうね」

そんな励ましの言葉で終わる方が数名も・・。

悩みを抱えている方、相続・終活の準備をしている方。

家計の見直しをしている方にとっては、

お正月「おめでとう」と言えない気持ちの方も大勢いらっしゃいます。

2021年の幕開けにあたり、例年以上に『覚悟』定めた元旦となりました。

一人でも多くの方を絶対に『幸せにする♡』という誓いをしました。

2020年12月22日に「グレート・コンジャクション」が起こり、

新しい価値観が始まりました。20年間らしいです。

「グレート・コンジャクション」とは、

太陽の周りを12年周期で回っている木星と、29年周期で回っている土星が20年に一度

一直線に並ぶこととか。

この時を境に、時代や社会テーマが大きく変わるそうです。

今回の時代は『風』とか。

前回、2001年のグレート・コンジャクションは『地』の時代で、

金融・通貨に関する変化だったそうです。

確かに、この20年間、金融業界は大きく変わりました。

形があるものに価値があった時代から、

形のない時代に価値がある時代に突入しました。

私はこの話を聞いた時、真っ先に思い描いたのが

『リテラシー』です。

人は、どんな時代でも、生きているだけで

悩みは苦しみは付きまといます。

解決するにはまず必要なのは『浄化』です。

思考や言動習慣から身についてしまった『癖』を

『浄化』するところからスタートしないと、

根本的には解決しないものなのです。

『浄化』=クリアニング

それ、どうしたら良いの?

私は、瞑想したりお寺でお護摩焚いたりしています。

しかし、それだけでは変わりません。

そこに『リテラシー』を身につければ、大きな変化をすることができるのです。

『リテラシー』とは何か。

『リテラシー』とは「知識+行動」です。

それはやがて『智慧』となり、あなたの人生を豊かにしてくれます。

悩み・苦しみの元は、癖・執着・見栄・思い込みなど。

それらをクリアリングして身軽になれば、

『風』の時代に乗れ。夢や希望も次々と叶うでしょう。

2020年までの因縁を切り、明るい未来を歩むために

2021年は『リテラシー』を身につけて下さいね。

風の時代は「コンサルタント」の時代だと確信しております(笑)

一人でクリアリングできない場合は、是非お手伝いさせて下さい。

ご一緒に解決しましょう。

本年もよろしくお願い致します!

【Miwa Harmonic Office 年末年始の営業】

2020年12月31日から2021年1月4日までお休みします。

1月5日より、通常営業となります。

関連記事

【メディア実績】取材:小学館@DIME『私的年金はいくら用意すべき?老後豊かな生活がしたいなら毎月〇万円必要』
小学館 @DIMEさんの取材をお受けしました!   ▼掲載記事 私的年金はいくら用意すべき?老後豊かな生活をしたいなら〇万円必要   最近のご相談者さまは、とても良く予習をされているので、書くコラムもやや難しくなってしまっていたかもしれません (^^; 先日も連載中のサイトの編集者さんより、ご注意いただきました。  ……
【ご相談者様の傾向】パートナーに、人様に 甘えてますか!?
私が夫婦問題の渦中にいた時、ある方から「夫婦問題を抱えている女性は、甘えるのが下手なのよね」と言われたことがありました。「人は、甘えられるのが好きなのよ、特に男性は」と。 確かに・・・。私、人に甘えるのが大嫌いでした。それは子供の頃から。道端でだだをこねる子供をみて「みっともない!」と思っていました。母も「うちの子はああゆうことはしたことない」と言っていま……
【確定拠出年金】:『掛金』会社員の金額差はどうして??
定拠出年金の企業型。とてもわかりづらく、複雑な仕組みになっています。転職をしたり、友人の会社と比較したりすると「なぜ?」という疑問が大きくなるようです。 実は、確定拠出年金は他の年金制度の加入など、いくつかの条件によって掛金に差があります。それは不公平感を無くす為なのですが、かえって難しく複雑にみえますね。 実は、個人型のiDeCoに加入できるのに加入し……
【コラム】2021年はデジタル終活始めませんか?
2021年スタート、素晴らしい出会いがありました。 私鉄沿線に葬祭場を持つ、葬儀会社の社長様です。 色々なお話をしたのですが、1つキーワードを頂きました。 それは『デジタル終活の普及』です。 これからの時代に、とても重要なデジタル遺品。 亡くなった後では遅すぎるとのことで、一緒に普及活動をしていくことを……