【つみたてNISA】つみたてNISA”ロールオーバー”ってなに!?

2018年1月スタートした『つみたてNISA』

金融商品を始める時、説明を受けても・書類を読んでもチンプンカンプンでわからない!!というご意見をよく伺います。

普段聞きなれない言葉が多いですから、無理もないですね。

あるお客さまからの相談「ロールオーバーって何ですか?」をコラムにしました。

金融用語を覚えるのは「慣れ」だと思います。私もFPになる前は、皆さまと同じようにチンプンカンプンでした。そして、その用語だけに偏らず、その制度の基本の部分をしっかりと認識することも大事。

今回のコラムでは下記について、解説をしています。

NISAの特徴・ポイント

▼国がNISAを推進する目的

▼失敗しないために投資三原則について

▼つみたてNISAの対象商品

▼NISA口座の開設

▼つみたてNISAの非課税枠

上記をしっかりとご理解頂いてから、本題に入ると、用語の意味も、全体像もわかってくると思います。

 

ロールオーバとは、一言でいうならば「乗り換え」という意味です。

制度には期限があります。

その期限が終わった場合、そこに預けた資産はどうなるのか!?

という問題が発生します。

その事をあらかじめ、ルールとして定めなければなりません。

 

ちなみに、

つみたてNISAはロールオーバー ⇒ できない

一般NISAはロールオーバー   ⇒ できる

 

ちなみに「つみたてNISA」の保有期間は『預入日から20年』とあります。

21年目はどうしたらいいのか?

この制度がいつまで続くかはわかりませんが、この制度が継続されたとしても、新しい制度が導入されて始まったとしても移管(乗り換え)はできませんよ、ということなのです。

 

『「つみたてNISA」”ロールオーバー”って何!?』

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

ご参照くださいませ ♪

 

関連記事

連載:東洋経済オンライン「給与明細を隠す夫」に心を開かせる4つの技
  2017年12月からスタートした、 WEBサイト『東洋経済オンライン』の最新コラムがUPされました。 「給与明細を隠す夫」に心開かせる4つの技 ↑ ↑ ↑ 東洋経済オンラインは、純プレビュー月間2.5億。総プレビュー4億1千。 日本を代表するWEBサイトです。 そんな素晴らしいサイトに連載を持たせて頂けているのは・・感謝なこと……
【メディア実績】東洋経済オンライン連載『離婚したら年金を半分もらえるとは限らない』
東洋経済オンラインの連載記事が更新されました。   ▼連載コラム 円満に別れるなら事前学習を 『離婚したら年金を半分もらえるとは限らない』   夫婦問題では『心の問題』と『お金の問題』、この二つが複雑に交差してもつれて行くことが多いようです。 例え、最初は夫の浮気問題が引き金で、夫婦問題が起こったとしても、最終段階ではお金の問……
【募集】”つみたてNISA”キャラクター募集!
金融庁では「つみたてNISA」のキャラクターを募集しています。 「つみたてNISA」とは、2018年に始まった、 少額投資非課税制度のことです。   日本では、金融商品の運用で得た利益(運用益)に対して、 約20%の課税をされます。 その課税は、他の所得とは通算できず、 例え他の所得が赤字でも、 運用益はその1商品の売却益ごとに課税……
【取材協力】週刊現代:生前贈与のやり方がこの4月に激変・・。
『週刊現代』12月12日・19日号に取材協力させて頂きました。 今回は『教育資金贈与の特例』についてです。三親等以内の親族は、そもそも扶養義務があるので、生前贈与などしなくても良いのですが、そうも言っていられない方もいらっしゃいます。 この内容について、BLOGを書きました。該当する方は、2021年3月31日までに契約をして頂きたい。ご……