連載:東洋経済オンライン「給与明細を隠す夫」に心を開かせる4つの技

 

2017年12月からスタートした、

WEBサイト『東洋経済オンライン』の最新コラムがUPされました。

「給与明細を隠す夫」に心開かせる4つの技

↑ ↑ ↑

東洋経済オンラインは、純プレビュー月間2.5億。総プレビュー4億1千。

日本を代表するWEBサイトです。

そんな素晴らしいサイトに連載を持たせて頂けているのは・・感謝なことでございます。

FPとして、夫婦問題カウンセラーとして、一人でも多くの方の幸せのために、

今年も精進してまいります。

 

ちなみに・・・

今回のコラムを読んだ友人より

「ありがとう!今まさにこの問題の渦中です」とお礼が届きました。

あちゃ(>_<)  皆さまのお宅は如何ですか!?

『給与明細を隠す夫』に心を開かせる4つの技

よろしくお願いいたします ♪

 

 

 

関連記事

【取材協力】週刊現代:生前贈与のやり方がこの4月に激変・・。
『週刊現代』12月12日・19日号に取材協力させて頂きました。 今回は『教育資金贈与の特例』についてです。三親等以内の親族は、そもそも扶養義務があるので、生前贈与などしなくても良いのですが、そうも言っていられない方もいらっしゃいます。 この内容について、BLOGを書きました。該当する方は、2021年3月31日までに契約をして頂きたい。ご……
【メディア実績】東洋経済オンライン連載『離婚したら年金を半分もらえるとは限らない』
東洋経済オンラインの連載記事が更新されました。   ▼連載コラム 円満に別れるなら事前学習を 『離婚したら年金を半分もらえるとは限らない』   夫婦問題では『心の問題』と『お金の問題』、この二つが複雑に交差してもつれて行くことが多いようです。 例え、最初は夫の浮気問題が引き金で、夫婦問題が起こったとしても、最終段階ではお金の問……
【確定拠出年金】:『掛金』会社員の金額差はどうして??
定拠出年金の企業型。とてもわかりづらく、複雑な仕組みになっています。転職をしたり、友人の会社と比較したりすると「なぜ?」という疑問が大きくなるようです。 実は、確定拠出年金は他の年金制度の加入など、いくつかの条件によって掛金に差があります。それは不公平感を無くす為なのですが、かえって難しく複雑にみえますね。 実は、個人型のiDeCoに加入できるのに加入し……
【謹賀新年】2021年”風”の時代は『リテラシー』を身につけるのが大吉
あけましておめでとうございます♡ 2020年、皆さま大変お疲れ様でした! 大変な年でしたね。世界中の人が頑張りましたね。 年末は、ご相談者様と最後の詰め作業をしておりました。 「来年は良い年にしましょうね」 そんな励ましの言葉で終わる方が数名も・・。 悩みを抱えている方、相続・終活の準備を……